アトピー完治への道 飛鳥旬のブログ

アトピーは治してナンボ

クスリに付いて思うコト

f:id:asuka-atopi:20210307161116j:plain

こんなところに


職場の雰囲気が怪しくなってきた。

「怪しい」と言っても、事件性のある話ではなく健康に関する話なのだが、最近、体調を崩す人が自分の周囲でも目立ってきた。

尿道結石とか糖尿病とか病名がハッキリしている人がいる一方、検査しても原因が分からず全身的な倦怠感やふらつき、動悸、頭痛などを訴える人もいる。

「眠れない・・・」

2年先輩の男性が昼食時、そう呟いたのは約1か月前。

その先輩が先週、医師から処方された「睡眠導入剤」を「睡眠薬」に切り替えたらしい。

睡眠導入剤」と「睡眠薬

その違いを自分はよく知らない。そしてそれが医師の指示なら私がどーこーの言う話でもないのだが、彼の様子が明らかに今までとは違う。で、その様子の違いをひとつひとつ列挙するつもりはないが、注意力・集中力が低下しているのは一目瞭然だ。

このような現実に直面した時、いつも考えさせられることがある。

それは、「クスリ」というものの存在意義だ。

ちなみに私自身、クスリのお世話になるケースは多いタイプである。

「少し熱っぽいかな?」

そう感じた時は直ぐに飲めるよう「葛根湯」は常に鞄の中に入れてあるし、油ぽい食事の後、胃の調子が悪い時にはすかさず「太田胃散」。

で、熱っぽい時は休息を心掛け無理はしない。で、その日はとっとと寝る。胃の調子が悪くなれば、少なくとも2.3日は食事の量を減らす。

と言う具合に、なにか初期症状が出た時には少し用心することにしている。

で、こんな感じで使っている限り、クスリは本当に重宝な存在だと感じる。

ところがところが、だ。

アトピーの時、私のクスリの使い方はこんな風ではなかった。

「かゆい!」

と感じたら、ステロイドを塗る。

これでエブリシングOK! ザッツオール!

「そんなワケないやん…」

と、今なら思うのだが、当時の私はまだ10代。若すぎた・・・。で、これが「地獄の始まり」と言う話は今回さておき、話題をクスリに戻そう。

クスリって・・・

別にそれを使用すること自体は問題ない。と私は思う。

ステロイドは悪魔の薬!」と叫ばれたのはもうひと昔前の話。ステロイドだろうが、血圧を下げるクスリだろうが基本は同じと思うのだが、大切なのはそのクスリで症状を好転させている間に、根本的な治療に着手することではなかろうか?

血圧が高い。

これは今既に起こっている現実で、この現実に対処するためにクスリは有効だろうが、クスリは高血圧そのものを治している訳では全くない。

なので、クスリで症状を改善させている時間を活用しながら、自分は根本的な治療に着手しなくてはいけないのだ。(時間を稼いでくれるクスリに感謝しながら・・・)

これがクスリの役割であり、同時に限界とも思うのだ。

ステロイドを忌み嫌い、ステロイドを製造している製薬メーカーを爆破したいと考えた当時の私自身の懺悔の意味を込めて。