飛鳥旬のブログ

自分のアトピーは自分で治そう!

もろもろ思うコト

f:id:asuka-atopi:20211204161049j:plain

           ライトアップされた御堂筋


コロナが下火になった途端、あちらこちらから会食のお誘いが来た。

小学校の同窓生、高校の野球部の同僚、職場の後輩、中学時代の友人等々。

気付けば、週末のスケジュールは12月初旬まで一杯になっていた。

久々に、大阪ミナミの繁華街を歩いた。

「大阪ミナミ」の名前はそのままだが、それを構成しているひとつひとつの店舗やテナント、高層ビルは変化していた。

「あれ?」
「ココって前、何やった?」

新しいショップを見るたび、そこが以前は何屋さんだったのか思い出せない。

コレって多分、人も同じなのだろう。

飛鳥 旬

名前は変わっていない。

が、自分を構成しているひとつひとつの細胞や思考は常に変化していて、その記憶は断片しか残らない。

10代。
中2で母が急死。その直後にアトピーと診断されて以来、良い思い出は殆どない。
あの頃、家庭は貧しい訳でも裕福な訳でもなかったが、周囲の雰囲気からなんとなく「勉強はしておいた方がいいな」程度のことを漠然と考えていたように思う。

20代。
好きな彼女が出来て付き合うようになって、結婚した。そして二人の子供ができた。その間もずっとアトピーは悪化し続けた。当時、日本経済はバブル期。だが自分はカネや地位、名誉なんかとは無縁の人間だと思った。

30代。
33歳でアトピーを治した。これには京都高雄病院の江部康二医師との出会いが大きいのだが、当時の私は「オレが」「自力で」「治した!」の意識が強く、またこの事実を誰かに知って欲しい願望がいつもあった。

40代。
アトピーが治って万々歳!」と思いきや、人生なんてそんなもんじゃないことを知る。一方。この頃からインターネットが本格的に普及、メールマガジンで「告白!体験者が明かすアトピー克服の鉄則!」を配信したところ、全く予期しないほとの反響に驚くと同時に、読者の方々とのやり取りが自分の人生の宝物として今も続いている。

50代。
アトピーになって良かった」と思えることなんて何一つ無いが、アトピーを治すことで得た教訓がこの年代で活きていることを知る。事実、私は20代より50代の方が元気で、ステロイドのリバウンド中に思った「オレ、50歳まで生きれるのかな?」は杞憂に終わった。

60歳。
不思議な感覚だ。「私」とか「自分」とか「オレ」とか、そーゆう感覚がどんどん薄くなっていく。それは言葉で表現するのは難しいが、自分と他人、自分と自然の垣根が消える、そんな感じが続いている。で、友人や知人と一緒に過ごす時間は楽しいのだが、独りで過ごす時間もまた楽しい。独りでも全然寂しくはないのだ。それは家族がいるからとか、家庭があるからとか、そーゆう理由でもなさそうだ。その証拠に20代の私には「寂しさ」が常にあったから。


ある大学の理事長が逮捕された。

その人は私から見れば「カネも地位も名誉も財産も」あるように映る。が、もしかして、この人には「充足感や安心感、心の自由」は無かったのか?

満たされない心。空虚。
その空虚な心のまま、自分を満たしてくれる何かを求め続けたのか?

「移り行くもの、過ぎ去ってしまうものの中に真実を見出すことはできない」とは誰の言葉だったか?

忘れた。
が、そんな言葉がふと思い浮かんだ。


先週、後輩から「還暦祝い」と称して一万5千円のステーキをご馳走になった。

後輩曰く「大阪ミナミでは『浜村淳さん』ご用達のお店です」。

とても美味しかった。(ありがとうF君。君はいいやつだ。)

で、今日は家族でワンカルビの焼肉の食べ放題へ。

こちらも美味しかった。

で、食べ放題の料金が60歳から安くなっていた。

こっちも、一緒に美味しかった。

二重構造

f:id:asuka-atopi:20211010215206j:plain

再び十津川へ

素晴らしい好天に恵まれた週末。

慌しい日常を離れて十津川の大自然に身を委ねていると、ふと不思議な感覚に陥ることがある。

川のせせらぎ。
風にそよぐ木々の音。

そんなシンプルな現実にただただ寄り添っていると、どういう訳か「私」とか「自分」と言った感覚が薄れる。と同時に、普段なら次から次へと押し寄せてく「思考」の波が静止する瞬間にも気付く。

だが、普段の自分は違う。

「得?」「損?」
「良い?」「悪い?」
「好き?」「嫌い?」
「効率的?」「非効率?」

常に「判断」し「思考」している。

多分、こういった類の「判断」や「思考」は生きる上での必須なのだろう。

例えば、

「安全?」「危険?」

この判断基準が曖昧だと、人は生存自体が脅かされてしまう。

飼い猫は安全だが、野生の虎は危険。
体温は37度以下なら安全だが、それ以上はマズイ。

だから、

自分はいつも判断している。

「高い?」「安い?」
「美味い?」「不味い?」
「カッコいい?」「カッコ悪い?」

判断。思考。
書き出せばキリがない。

が、その一方で、

もし人間にとって本当の意味での「自由」があるなら、多分、そこに到達する術はこの「判断」や「思考」の延長線上にはない気がする。

あらゆるものから解放された自由が、「判断」や「思考」の延長にある筈がない。

では、

「本当の自由なんて無いのか?」と言えば、「そんなことはない」と私は思う。

これを体験した人の数は少ない。
世界中を見渡してみても、極めて少数。

が、その「自由」(境地)を獲得した人は確実にいると私は思う。

では、どうすればその「本当の自由」は獲得できるのか?

その答えは、今の私にはわからない。

が、ヒントになるキーワードはある。

それは、「手放す」。


「手放す」
「手放す」
「手放す」

生身の人間にとって、これほど難しいことはないだろう。

事実、自分自身がそうだ。
日々、やっているのは真逆のことばかり。

執着する。握りしめる。追い求める。
いや、なんなら独占したい。何もかも。ホントにキリがない・・・。

なので、自分はもう「手放す」なんて諦めた。
自分には無理なのだ。

その証拠に、いくら「手放す」をやってみても、結局は「手放せない自分」に気付くだけ。そしてそこに執着するだけ。

なのことはない。

それはただ「手放す」を追い求め、執着しているだけなのだ。

で、ある日、私は気付いた。

この構造(カラクリ)は一種のワナだ。

で、そんな構造(カラクリ)に陥るくらいなら、自分は十津川に行く。

川のせせらぎ。
風にそよぐ木々の音。

そんなシンプルな現実にただただ寄り添っているだけで、どういう訳か「私」とか「自分」と言った感覚が薄れる。と同時に、普段なら次から次へと押し寄せてく「思考」の波が静止する瞬間にも気付く。

これは、全く違う構造(カラクリ)ではないか?

この瞬間、自分は別世界にいたではないか?
(と、その最中ではなく後になって気付く)

この感じ(境地?)を言葉や文字で表現するのは困難だが、とにかく自分のような普通の人間でさえ、違う構造の中の世界にいることはわかるじゃないか。

もしかして、お坊さんの修行(座禅とか)ってこーゆうこと?

いや。それはよくわからない。

が、ひとつだけハッキリ言えること、それは「満たされている!」と言う感覚。
(いや、これも言葉にすると微妙にニュアンスが違ってしまう・・・)

「自分でもいいし、自分でなくてもいい・・・」

この構造の中でこの「満たされ感?」を知ってしまえば、「良い」とか「悪い」とか、「損」とか「得」とか、そーゆう判断そのものがあまり重要ではなくなる。


ところで、このような体験を続けるとどうなのだろう?

「生きていてもいいし、死んでも大丈夫」

となるのか?

それはわからないが、少なくとも「死」に対する恐怖は薄らぐ気はする。

ただハッキリしていることがあって、それはアトピーを治した時のように、また腰痛や肩こりを治した時のように、この道には「はい。これで終了!」と言う「終点」がないことだ。

一方、共通している点もあって、それはやはり「自分で」だと思う。

 

 

「べき論」は不毛

f:id:asuka-atopi:20211003195942j:plain

十津川村のキャンプ場


久々に十津川を訪れた。

「コロナ騒動が落ち着くまで・・・」と自粛していたら、あっという間に一年が経過。

今回は妻と娘も行くと言うので、久々にキャンプ場で昼食を取ることにしたのだが、その様子は数十年前のスタイルから「良い意味」で大きく様変わりしていた。

まず客層。

家族連れは勿論、女性だけのグループや男性だけのグループ、若いカップルもいればそうでないカップルもいて、中にはバイクツーリング姿の渋~い中年男性等、人数や年齢も様々だった。

それに加えて、スタイルも様々。

我家のように「ちょっと森林浴でも・・」的な日帰りスタイルもあれば、「キャンプオタク」を連想させるガッツリ派もいた。また「もう何日連泊してるの?」と思われる定住派?や、一杯だけのコーヒーをじっくり楽しむスタイルの人もいた。

誰もが好きなスタイルで、自分に合った楽しみ方をしている。

「いいな・・・」

と、そう思った矢先、

お隣のテントから二人の男性(年齢不詳)の白熱した討論の様子が伝わってきた。

「なんだなんだ?」

嫌でも聞こえるその内容を推測するに、それはどうやらキャンプ場で飲むコーヒーカップの素材が「ステンレス製」か「チタン製」かの論争だったようだ。

お互い、そこには確固たるスタイルのあるのがよくわかる。

そしてお互いの主張はどちらも正論であり、どちらも非の打ち所がなかった。

「それにしても・・・」である。

そもそもキャンプ場でコーヒーを飲むだけの話なのだ。そこに「カップの素材は○○であるべき」などと言う、「べき論」は要るのか?

それより、

今、「この瞬間を楽しむ」方がいいじゃないか?
今、「このコーヒーの香りを楽しむ」方がいいじゃないか?

と、第三者的な目線で客観的な判断が下せる訳だが、じゃ、自分がアトピーの時はどうだったのか振り返ると甚だ疑問である。

「~するべき」
「~しなくては」

当時、頭の中は一種の強迫観念で一杯だった。

だが、

アトピーであれ、それ以外で生じる日常の厄介事であれ、

「~するべき」
「~しなくては」

と言った「べき論」はいつも危険だ。

なぜ「べき論」が危険かと言うと、それは私の経験ではまず柔軟かつダイナミックな思考が遠のき、問題の本質からどんどん離れてしまう危険性をはらんでいる。

ちなみに、今、ある物事に対して

「~すべき」
「~しなくては」

と真剣に考えてみよう。

どうだろう?

一瞬で、「少しだけ」肩に力が入らないだろうか?
そして、「少しだけ」身体全体に力みが生じないだろうか?

問題はこの「少しだけ」である。

結論から言ってしまえば、私はこの「少しだけ」の積み重ねが厄介だと思う。何故なら、いい意味でも悪い意味でも「少しだけ」の積み重ねが大きな結果となるからだ。

考えてみれば、

アトピーを含めた生活習慣病そのものが「少しだけ」の積み重なった結果なのだ。

と同時に、この

「~すべき」
「~しなくては」

は、私達を極端から極端へと、その振幅を増幅させる。

そして、何とかその(~すべき)目標を達成しようと必死になればなるほど、次第に周囲の状況が見えなくなるようになる。

「日本は資源の無い国である」
「よって、何らかの手段で資源を確保しなくてはならない」
「いや、確保すべきである」

「・・・・・」

「これしかない!」

なんて本気で信じたら、本当にそれしか方法は無くなってしまう。

が、真実はそうではない。

自分でアトピーを治す過程を通じて、自分で肩こりを治す過程を通じて、自分で腰痛を治す過程を通じて、私はそう思う。

やり方なんて、いくらでもあるのだ。

「これしかない!」

なんて思って信じ込んだら、あまりと言うか、全然ロクなことなんてない。出口の見えない袋小路に迷い込むだけだ。

ちなみに、今回我家が持参したコーヒーはコンビニで買ったUCC珈琲の紙コップタイプ。チタンでもステンレスでもないが、大自然の中では至福の一杯だった。

 

 

 

「それにしても・・・」

f:id:asuka-atopi:20210926164641j:plain

自宅から見る生駒山

 

久しぶりに寝込んだ。

いや、厳密に言うと、とりあえず熱が下がったものの、いまだ頭痛が消えない。

そんな状態である。

過去、「高熱を発して動けない」と言う状態に陥ったのはいつの頃だったか?

少なくともここ十年は経験していない筈である。

しかも、今回は病気ではない。

新型コロナウイルスのワクチン接種(2回目)による副反応。これである。

最初の摂取では、なんら問題は無かった。

注射を打った左肩が少し痛い程度。

だが今回の2回目は全く違った。摂取した23日(金)の夜7時から翌日の午前中までは大きな変化は無かったのだが、その日の午後から体温が急激に上昇し始めた。

一気に38,6度に達した体温は翌日の24日(土)も下がる気配を見せず。ようやく下がり始めたのは日付の変わった翌25日(日)の深夜だった。

「マジか・・・」

この間何をする気にもなれずとにかく横になっているしかなかったが、取り急ぎ読者の方からのメールだけは返信。



この事態。

ある程度は予測していた。

実際、妻と子供が2回目の摂取時に丸々1日中寝込んでいるのを目の前で見て知っている。が、どー観ても自分の副反応が一番キツイて長い。

その理由は判らないが、とにかく食欲が全くない。

で、口にしたのはキウイと梨とヨーグルトのみで体重が3キロ落ちた。

で、ようやく1時間程前から少し回復。

明日はこの副反応から脱出できることを祈りつつ、今、このブログを書いている。

ところで、

今回のワクチン接種を通じて「それにしても・・・」と密かに思うことがある。

それは、高熱を発した際に使用する解熱剤等の処置薬のこと。

実は、私はこれらの解熱剤を一切使用していない。

いや、全然使えば良いのだ。

そんなことは百も承知の上で、やはりそれを使わない自分がいる。

それは多分、過去の経験によるものだ。

そう。アトピーの克服経験。

人体は外部から異物(ウイルスや今回はワクチン)が侵入すると、高熱を発することで防衛機能が働いて生命を維持しようとする訳で、これはこれで正常な免疫反応であり、正常な治癒反応である。

ところが、

過去、正常な治癒反応が働いているにも拘わらず、その正常な治癒反応をステロイド外用薬で強制的に抑え込んでしまった痛い経験のある私は、どうしてもその「強制的な抑え込み」を嫌う傾向がある。

その反面、

少しでも「ヤバい・・・」と感じた瞬間、初期対応に万全を期する傾向が強い。

要するに、ステロイドだろうが鎮痛解熱剤だろうが、その役割と限界を知って使いこなせばいいだけの話なのだが、どうもその辺りの使い分けが私は苦手なのだ。

そして、この「苦手分野」。

今後も、克服する自信があまり無いのも本音である。

後出しジャンケン

f:id:asuka-atopi:20210912162732j:plain

                 散歩道


ようやく、1回目のワクチン接種を終えた。

普段、滅多に行くことのない奈良県庁の横にある文化会館での集団接種。

時間帯のせいか、空いている駐車場を探すのに一苦労した。

で、「取り合えずこれで安心」と思いきや、思わず「おいおい・・・」となった。

イスラエル コロナ 死者数)で検索すると、大変なことになっていた。

新型コロナウイルスがデルタ株に変異してから、イスラエルでは死者数が急激に上昇しているのが一目瞭然でわかる。(ジョン・ポプキンス大学のデータより)

事態が急変したのは2021年8月1日。

ワクチン接種が開始され、一旦確実に死者数が減少してコントロールできたかに見えていた状況がこの日を境に一変。死者数が増加の一途になった。

つまり、このデータは現行のワクチン(イスラエルファイザー社製)がデルタ株にはほとんど無効である事実を示している。

確かに、デルタ株の出現までワクチンはパンデミック収束の切り札とされていた。が、「デルタ株」の出現により、状況は変わってしまったのだ。

新型コロナワクチン VS 新型コロナウイルス

よくよく考えてみれば、この戦いの結末は戦う前から見えている筈である。

そもそも新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスは変異型のウイルスだ。

つまり、有効なワクチンを接種しても必ず変異が生じて、ワクチンの効かない新たな変異株が今までのものに取って代わる。

要するに、

この戦は「後出しジャンケン」のウイルスが勝利するカラクリではないか?

となれば、

アビガンだろうが、イベルメクチンだろうが、ムラック抗体だろうが、とにかく新型コロナウイルス+変異株に有効な治療薬の摂取が急務ではないか?

私を含め、多くの人が摂取した(している)ワクチン。

「アレ、結局、意味なかったよね~」とならないことを祈りたい。

 

 

人体実験

f:id:asuka-atopi:20210905174820j:plain

                   散歩道

腰痛が完治した。

以前、このブログでも紹介したが、腰痛と真正面から向き合うようになったのは2020年の1月で、それまでは肩こり+腰痛のワンセットでなかなか辛い思いをしていた。

マッサージ、整体院に通うも効果なし。

「楽になった」と感じることはあった。が、それは続かない。それはまるでステロイドで一時的に症状を抑え込んでも、根本解決には至らないのと同じようなものだった。

要するに、肩こりや腰痛には対症療法が通用しないのだ。

で、「自力で治そう!」と決心したのは、2020年の初め。

そこから、私の人体実験を兼ねた根本治療が始まった。

とは言うものの、何から始めれば良いのやら、さっぱりわからなかった。

で、一旦頭の中を白紙に戻して、身体からの直接の情報だけに集中した。

「今、こうするとココが痛い」
「でも、こうするとマシになる」
「その代わりに、あそこの筋肉が緊張する」

「コレ、なんで?」

「今、痛いココ、ストレッチで伸ばしてみると?」
「アカンアカン、もっと痛くなる」
「じゃ、反対側の筋肉を伸ばしてみたら?」
「ん?楽やん」

「コレ、なんで?」

時間の掛かる面倒な作業である。

が、これをコツコツと繰り返していくと、嫌でも見えて来るモノがある。


地道な人体実験を繰り返すことで、私の肩こり&腰痛は消えた。

肩こりは半年。
腰痛は約1年半を要したが、痛みは嘘のように消えた。

ところで、

時間の掛かる面倒な人体実験を繰り返すことで見えて来るモノがあると書いたが、その見えて来るモノの中身は、実は書籍やユーチューブで紹介されている内容と大差はない。が、実は「見え方」には大きな違いがあった。

その「見え方」の違いとは何か?

それは自分自身で人体実験して得た体験があるから、そんなことは全くやっていない単なる情報提供者の人の情報レベルでは、その底の浅さが見通せてしまうのだ。

このことの分かりやすい例は、「プロレス」だろう。

プロレスは暴露本が出るまでは「真剣勝負」と思って観ているファンが多かった。で、「一番強いのは誰だ?」「アントニオ猪木か?」「ジャイアント馬場か?」と最強論を展開していたのだが、柔道部やレスリング部の連中は違った。

「あんなんショーに決まってるやん」
「最初から勝者と敗者は決まっている」
「それに年間に200日も真剣勝負なんて土台無理な話」

「見え方」の差である。

実際、自分が投げられたらどうなるのか?
実際、自分が締め技を掛けたら相手はどうなるか?

人体実験がベースにあると、「見え方は」全く違ってくる。

事実、今の私ならユーチューブを観ても、そのユーチューバーが本当に多くの腰痛を治した実績がある人なのか、それともどこかの情報をアレンジして話しているだけなのか、その違いくらいはおおよそ察しがつく。そういう視点で見るつもりでなくても、それはわかってしまうのだ。

「自力で治してやる」

そう腹をくくるまで、何件もの接骨院に通院した。

そこには、お決まりの「喜びの声」の写真が壁に貼り付けられていて、「自分もあの中の一人になれたら・・・」と思う事もあった。

が、残念ながら、それが実現することはなかった。

では、そういう接骨院が全く無益なのかと言うと、そんなことはない。事実、私はその後もそれらの接骨院のお世話になりながら肩こり&腰痛を治したからだ。

その理由はこうだ。

自分で人体実験すると体のあちこちが張ったり痛くなったりするのだが、そんな張りや痛みを揉みほぐすのは自分では無理で(妻にはお願いする勇気がないし)、結局は接骨院やマッサージ師の力をお借りするのが一番なのだ。

だから、肩コリ&腰痛そのものは自力で治す。

でも、その際に発生する痛みや張りは接骨院さんのお世話になる。

つまり、

マッサージに依存して腰痛を治すのではなく、根本治療をサポートして頂く感じ。

コレって、ステロイドに依存してアトピーを治すのではなく、根本治療をサポートする目的で使うのと同じじゃないか・・・。

で、今、私が人体実験していること。

それは、高タンパク、高脂質の食生活。

つまり、

炭水化物の摂取量を控え、高タンパク、高脂質の食生活を続けるとどうなるか?

コレ、ほぼ1年以上続けたので、折を見て紹介します。実際にやってみると、ビックリ仰天することが多々ありましたからね。

アトピーにも効果抜群なので、お楽しみに。

 

条件は何もかも揃っている

f:id:asuka-atopi:20210829162700j:plain

散歩道


最近よく思うコトがある。

それは何かを「始めよう!」と思った時、今ほど条件が整った時代は過去に無かったのではないか?と言うことだ。

例えば「脱サラ」。

ひと昔前なら、普通のサラリーマンが「会社を辞めて自分で何かを始めよう!」と思っても選択肢は限られていた。

コツコツとお金を貯めて飲食店を開業するとか、今までの経歴を活かしてブローカー業を営むとか、せいぜいそんな選択肢しか無かったように思う。

またせっかく開業資金を集めて独立開業まで到達しても、日々の生活だけで精一杯で、「何のために独立したのやら・・・」となるパターンも多かった。

ところが、今は違う。

わざわざ開業資金を貯めて店舗や事務所を借りなくても、スマホとパソコンさえあれば、仕事は自宅でいくらでもできる。

このパターンで全ての人が成功してハッピーになれるとは思わないが、少なくともひと昔前よりは働き方の選択肢が増えたことは確かだと思う。

このことが、実はアトピーにも同じことが言える。

私の時代やそれ以降の時代(2000年頃まで)と比べて、今やアトピーは比較にならないほど治しやすい疾患の一つとなった。

治すための条件が、少なくとも環境面では何もかも整っているからだ。

私の知る限り、アトピーと言う病気を治す場合にはそれが成功しても失敗に終わっても、そこには必ず食生活が関係している。

つまり、毎日の「食事」はアトピーを治す鍵なのだ。

勿論、ストレス等、精神面の影響を無視することはできない。

それでもストレスは毎日の食事と比べるとウエイトが低く、現実的にはアトピーが良くなることで大きく軽減されるのが普通だ。

ところが、

厄介なことに、食事がアトピーを治す鍵だと分かっていても、そのアトピーを治すための食事を続けることがストレスの元凶。と言う事態に直面することは多い。

「ケーキ食べたいのに・・・」

原則、アトピーにとって「甘いモノ」は大敵である。

理由を書くとキリがないので割愛するが、本気でアトピーを治したければ「甘いモノ」は控える。これが私の時代や2010年くらいまでの鉄則であり、実際、私自身も「砂糖断ち」を前提とした食生活でアトピーを治している。

で、それ以降、いろんな甘味料が出ては消えた。

つまり、実際に「使える」と思えるような商品は無かった。

ところが2015年以降、この分野の製品開発は瞬く間に進化した(ように感じる)。おそらく、その背景には糖尿病治療の変化がある。

と言う訳で、これから「アトピーを治したい!」と思って取り組む人は、私の時代よりもずっと我慢や辛抱しなくても済むようになるはずだ。

実際、「これだったら全然いいじゃない!」と思いチョコレートや菓子類は既に販売されていて普通に誰もが入手できる。

それは、一部の薬局や健康食品店しか取り扱わないような過去の商品とは違う。

一度、ロッテ、シャトレーゼ、サラヤなどの食品メーカーのHPを覗いてみるのもいいだろう。

私の時代(1990年代)なら絶対に存在しなかった「甘いモノ」が並んでいる。

そんな「甘いモノ」を必ずしもお薦めする訳ではないが、「これだったらいいか・・」と思うものがあるのも事実。と言うか、我慢我慢で爆発するよりはずっといい。

今回は「甘いモノ」の話。

で、次回は「小麦」の話をしたいと思う。

アトピーを治す場合、食生活の主役は「お米」であり、決して「ラーメン」や「パスタ」や「パン」などの「小麦」ではないのだが、この辺りの事情も変化しているからだ。

「このラーメンならアリやん」

そんな商品が開発され、既に販売されている。

世の中は常に変化している。

アトピー患者を取り巻く環境は2020年を境に、大きく変化しているように思える。