アトピー完治への道 飛鳥旬のブログ

アトピーは治してナンボ

身体も心も変わるのが人間

f:id:asuka-atopi:20210228133117j:plain

そろそろ梅も終わり


春はもう、そこまで来ている。

愛犬と散歩していると、そんな季節の移り変わりを五感で感じる。と同時に、季節と同様、人も皆、「移り変わるもの」と言う現実に気付く。

人間、身体も心も、同じ位置でじっとしているなんてことは全くない。


自分自身、それまでの考え方や生き方を大きく変えた出来事と言えば、それはやはりアトピーだろう。極端な言い方をすれば、私の性格や考え方はアトピーが治ったタイミングを境にして180度急転回している。

で、実際、このことは私だけでなく、親戚の者が皆が認めている事実でもある。

元々、私は落ち着きの無い性格で極端な飽き性だ。

習字、そろばん等の習い事は3か月持たず。あれほど夢中だった野球や空手、ギター、投げ釣りでさえ途中で投げ出した。

で、この続けることができない性格は、アトピー治療の時も大いに発揮された。

漢方薬、健康食品、体操、ヨガ等々・・・。

今となっては逆に「続けなくて良かった」と思うものもあるが、とにかく私の「飽き性」と言うか「続けることが苦手」な性格は、アトピーを治した時点を境に急転回することになる。

例を挙げると、このブログ。

HPの作成から始まりメルマガ配信、ブログ、SNSと形は変化しても、アトピー読者との交流や情報交換はもう20年以上続いている。

これは、20代の自分からは想像もできない快挙?かもしれない。

もうひとつ。

元々、私はどちらかと言うと完璧主義者と言うか、とにかく筋の通らない話が嫌いで、またそういうタイプの人も好きではなかった。

ところが今は違う。

この点はアトピーを治したやり方がモロに影響しているのだが、今の自分は自他共に認める65点主義者である。

65点主義の特徴をまとめると以下のようになる。

  1. 瞬発風速的な努力・頑張り方をしない。
  2. 極端に「好き」「嫌い」の区別をつけない。
  3. 極端に「良い」「悪い」の区別もつけない。


で、アトピーの治し方、つまりその方法がほぼ出尽くしてしまった感のある今日、この65点主義が完治への大きな突破口になると思う。

梅の花が終わりを迎える頃になれば、次は桜の花が咲く。

そこには

「好き」とか「嫌い」はない。
「良い」とか「悪い」もない。
「必死の頑張り」なんてもっとない。

あるのは、自然の理だけ。

アトピーだって、この自然の理に従っておけばまず治る。

「お腹が減ったら食べる」
「お腹が減っていないなら食べない」

なんとシンプルな!これがアトピー治療!?

が、実際、たったこれだけで、扉は開く。

そして、

奇跡は奇跡でなくなる。

最初から、難しい話なんてなーんもないのだ。