アトピー完治への道 飛鳥旬のブログ

アトピーは治してナンボ

アトピーを治して分かったこと5

f:id:asuka-atopi:20190922205026j:plain

近くの公園

 

最近、ブログ読者の方と直接お会いして感じたことがある。それは「どのくらいの期間頑張ればアトピーは治るのか?」と言う内容の質問なのだが、正直、それは私にはわからない。で、そのことを正直にお伝えすると、次は「飛鳥さんの場合はどうでした?」と質問の内容が微妙に変わる。

どのくらいの期間(時間)頑張ればアトピーが治るのか?こう尋ねてみたくなる心境は私にもよくわかる。一刻も早くアトピーから解放されたい。そう願う気持ちが切実であればあるほど、治るまでの時間は気になる。

その一方で、私は「そこ(治るまでの時間)は一度離れた方がいい。」とも思うのだ。それは何も「あなたと私では置かれた環境も状況も違う。だから比べても仕方ない」と言いたいからではなく、そのようなことを考えている精神状態が「治す」ことに対して返ってブレーキを掛けるように思えるからだ。

実際、アトピーが治っていく過程では、アトピーの自分を意識している時間がどんどん少なくなっていくのが普通だ。で、1日を終えてみて「あれ?今日はアトピーのこと忘れてた・・」となる日が徐々に増えていく。これが典型的なプロセスだ。

結果だけを求め過ぎるとロクなことはない。これは、今まで生きてきた私の経験則だ。自分は今何をしているのか?方向性は間違っていないか?このことを常に意識しておくことは大事だが、結果が欲しくてそこから逆算するようなことを考え始めると、物事は逆に上手くいかないことの方が多いように思う。

少し大袈裟かもしれないが、アトピーの人からアトピーでない人になると言うことは、自分の生き方を変えることかもしれない。最近よく思うのだが、アトピーの治し方、つまり方法論なんてものは実のところ極めて簡単かつ単純で、その点は患者自身がもうよく気付いている。要するに後はもうやるかやらないか、それだけの話なのだ。

アトピーを治して分かったこと。それはアトピーになるにはなるだけの理由があるし、アトピーが治るにも治るだけの理由があると言うこと。だからアトピーである理由が無くなれば、アトピーは間違いなく消えている。やはりアトピーは治してナンボなのだ。