アトピー完治への道 飛鳥旬のブログ

アトピーは治してナンボ

満たされてる?

f:id:asuka-atopi:20210328104951j:plain

人の顔みたいなパンジー


今朝は小雨。

なので散歩は止めて、朝イチは新聞(我家は毎日新聞)を読むことに。

日曜日、私が毎回目を通すのは海原純子さんのコラム「新・心のサプリ」で、今回は「生きててよかった」のタイトルだった。

登場人物は、海原さんの同級生のお医者さん。

で、今回はそのお医者さんがルール違反をした車にぶつけられ、不自由な目に遭われた時のお話で、要するに「巻き込み事故」に遭遇されたのだろう。

普通、私達は自分が何も悪いことをしていないのに、全く見知らぬ人から一方的に迷惑を掛けられたら怒る。そして憤りを覚える。

ところが、このお医者さんの場合はどうも違うらしい。

海原さんが「大丈夫なの?」「大変だったよね?」とメールすると、「生きててよかったよ」「普通はなかなかできない経験したからね」との返信。

そこには怒りも苛立ちもなく、返ってその言葉が海原さんは胸に刺さった。と。

続けて、

「生と死の境のギリギリでこの世界に踏みとどまった人は、精神性が私のような人間とは違う次元にいるのかもしれない」「怒りや恨みはなく、ただ今この時生きているということの大切さに気づいているのだろう」

と感想を述べた後、

「今、自分が生きていることを大事にしてそれに集中してみたい」「そうするところに浮かぶ雑念が消えるはずだ」と結ばれておられる。

ここまで読まれて、皆さんはどう思われるだろうか?


海原さんの同級生(のような方)。

つまり、怒りとか妬みとか、そういう感情が極めて低いタイプの人である。

実際、私もそんな方にお会いしたことがある。また必ずしも数は多くないが、実際にお合いしなくとも、雰囲気からしてそうと確信できる人もいる。

ところで、このようは方々と私のような凡夫との違いとはなんだろう?

このことに関しては以前よく考えた。いや「考えた」と言うより悩んだ。劣等感を感じたからだ。が、今はもうスッキリしている。

で、その理由は海原さんの言うような、

「生と死の境のギリギリでこの世界に踏みとどまった人の精神性が私達とは違う次元にいるから」だろうか?

とは、違う。

私が思うに、そもそも人間としては「海原さんの同級生」も「私」も変わらない。で、「生と死の境のギリギリの世界」とか「精神性の次元」云々なんかも関係ない。

では「何が関係しているのか?」なのだが、私はそれは「世界観」とか「人生観」みないな気がする。

簡単に言えば、突然の交通事故に遭遇するのも人生なら、予期できない不幸な出来事に遭遇するのも人生。楽しいこと。不幸なこと。どちらにどう転んでも、それが自分の人生なのだ。と。

そういう世界観である。

事実、私のアタマは「良い」とか「悪い」とか色々と断していて迷ったりするのだが、私の生命そのものは、そんな私のアタマの「良し悪し」とは全く関係ない。

事実、私の生命は私のアタマが作り出す「良い」「悪い」の世界(虚構)とは全く関係なく、今、そのまま、ありのままで瞬間瞬間を生きている。

だから、アタマに支配されたまま生命を見失った生き方をするか、いつも生命を意識しながら、同時にアタマの世界を支配するか。この違いはある。

右か左か?

そういう極端な話ばかりではないが、これが結構、幸不幸を左右したりする。

ん?

高校野球のニュースを見ていて、アタマの中の「良し悪し」で思い出した。

自分が高校球児だった頃は「練習中に水は飲むな!」が当たり前だった。で、喉が渇いても水が飲めない私は不幸までではないが、正直、辛かった。

で、水がダメな理由は「バテるから」だったと思うが、当時はそれが当たり前なので気の弱い自分はそれに従っていたのだが、今ならそれは自殺行為。

で、今は練習中は水分補給が当たり前らしい。

ひと昔前の「悪い」が今では「良い」典型例だが、そう考えてみると、普段、私達が「好き」「嫌い」と判断している基準も曖昧なものだ。

将来、「昔ね、タワーマンションとかベンツとか高級車に乗っている人のこと、上級国民って言ってたらしいよ~」と言う日が来るかもしれない。

その証拠に自分は今、「刀」や「ちょん髷」が武士の魂とは思わないのだが、十二単を着た平安貴族の女性には一度お目に掛かりたい気もする。

 

入院中に考えたこと

f:id:asuka-atopi:20210320101328j:plain

咲いた


三寒四温

多分、これは三日間寒い日が続いた後は暖かい日が四日間続く。つまり「春はもう直ぐ」と言う意味だろうが、実際は昼間暑くて朝夕は寒いから、夏と冬しかないみたい。そんな感じの今日この頃である。

 

さて、今回は私がアトピーで入院していた時の話。


1991年2月14日、私は京都の高雄病院に入院した。


それは、それまで10年以上使い続けたステロイドを一機に切ったら、強烈なリバウンドを食らった。と言うごく自然な流れの話だが、当時の私はこの必然すぎる流れをイマイチ把握していなかった。

で、そのリバウンドの強烈さは、それまで私が大切にしていたものを全て一瞬で吹き飛ばしてしまうほどの威力を持っていた。

「終わった・・・」

正直、あの時はそんな風に思った。

「若かった」と、今なら思う。

実際、本当の意味で私が失ったものは何もなく、逆に、その後の私の人生は順風満帆ではないにせよ、少なくともアトピーに関してはもう過去の出来事だ。

ここで言う「本当の意味」とは、「それが無くては生きてはいけないもの」のことで、本当のことを言えば、それはアトピーなんかで失うようなものではない。

「ピンチはチャンスだ!」とか、そーゆうことを言いたい訳ではない。

「ピンチもチャンスもない」
「そんなものはどっちも最初からない」

強いて言うなら、あの時の経験は私にそう投げかけているようだ。


入院中、最初に私がやったこと。

それは「思考を停止する」だった。

これは「やった」と言うより、「そうする他なかった」と言う方が現実に近いのだが、とにかく気付くとロクでもないことばかり考えている自分がいる。で、その思考(妄想)によって自分自身が苦しめられている。これが一日中続くのだ。

「このままでは発狂してしまう・・・」

この仕組みに気付いた時、私は「思考を停止する」ことにした。で、ベットから天井の一点を見詰めながら、ひたすら「考えない」ように努めた。

すると、不思議なことに気付いた。

これは多分、テレビを観るとか誰かとお喋りするとか、そういうやり方の気分転換なら気付けない事実だと思う。

で、この時、私が気付いたこと。

それは、いくら「思考を停止」しようとしても、それは不可能だと言うことで、実際、これを証明するには1分も掛からない。自分でやってみると直ぐ分かる。

今から1分。何も考えず、例えば呼吸に集中するとか、身体のどこかに集中するとか、何かの音だけに集中するとか、なんでも良いので試みてみると分かる筈だ。

できない。筈である。

気が付くと何かを考えている、何かを思考している、何かを妄想している。そんな自分に気付く筈。その思考は過去のことかもしれないし、将来のことかもしれない。単なる妄想の時もある。が、とにかく「思考停止」の状態ではない筈だ。

では、何故そうなってしまうのか?

これをよくよく観察してみると、そこにはそうなる前に必ず映像とかイメージとか雰囲気とか、とにかく思考させる何かが、思考に先立って生じていることに気付く。

「・・・・」
「なんで?・・・・・」

で、妻にも確認した。子供にも確認した。

すると、やっぱり皆同じ。

自分だけでなく、どうも人間は皆、こーゆう仕組みになっているようだ。

この事実に気付いた意味は大きい。とてつもないサプライズである。

何がどう大きくて、何がサプライズなのか?

だってこのことが分かればうつ病とか神経症とか、そーいうメンタル面の病気や疾患、その類のリスクを事前に回避できる術が身に付くではないか!

仕事で嫌なことがあった時、辛い!苦しい!と感じた時、全部自分で対処できる。

やり方?

ひとつひとつの動作に集中する。これだけ。

ご飯を食べる時、お茶碗を持つことに集中。お箸を持つことに集中。ご飯を口に入れることに集中。おかずを口まで運ぶことに集中。

全部これで問題なし。

これで、変な妄想や思考をしていない状態の自分になれる。

実際、これで私は極端な妄想や空想に苦しめられる機会は激減した。

「パニックに陥る」

生きている限り、これは可能な限り避けたい。難しい話ではあるが・・・。

それでも入院中のあの経験が無ければ、多分、私は今でも「パニック」を回避する術を知らないままのような気がする。


もう十分やろ・・・

f:id:asuka-atopi:20210314182143j:plain

久しぶり お昼は外で

 

今日の奈良県は午後から晴天。

ポカポカ陽気に誘われて、妻&愛犬と一緒に近くの公園で昼食。大自然と言わないまでも、こんな近くの公園にある身近な自然と接するだけで、自分もまた自然の一部であることを感じる。

さて、「感じる」で思い出したのだが、私は自分がアトピーになり、アトピーを治したことで、この「感じる」と言うことが、その後の生き方の大きなウエイトを占めるようになった気がする。

感じる。

つまりアトピーを治して以降、私は自分が本当に体験して感じたこと以外は、何かにつけ鵜呑みにしないタイプの人間に変わった。

それは取るに足らないと思われるような些細なことから、身近な所ではこのブログそのものがその典型例。

例えばこのブログで書いているアトピーに関する内容は、どこかのお医者さんが書いておられる内容を、そのまま表現を変えて書き写したものではない。

例えば、リーキーガット(超漏れ症候群)と言うものがある。

これはここ5年程前からよく登場するようになったので、ご存じの方もいる筈。

要するに、腸の粘膜の隙間に穴が開き、アレルギーをはじめとする様々な疾患の原因と考えられているものだ。

このリーキーガット(腸漏れ症候群)、実は私にとっては必ずしも目新しい内容ではない。と言うのも、それはもう40年以上前から甲田光雄医師が唱えておられた内容そのもので、私の年代のアトピー経験者ならお馴染みと言っていい内容だからだ。

で、日本アレルギー学会はこのリーキーガット症候群の診断的有効性を公式に否定しているらしいが、私にとってそれはあまり関心がない。

なぜ関心がないのか?

理由は簡単で、それは実際、自分が体験すれば分かるからだ。

自分がリーキーガットになる生活習慣を一定期間試してみて、それでホントに症状が現れるならそれは半分事実。で、次はリーギーガットを改善する生活習慣を試みて、それでホントに治れば、それは私に関する限りほぼ間違いない事実となる。

体験すれば分かる。
体験しなければ、それは理論の世界どまり。

たったそれだけの話ではないか。

やり方なんて簡単だ。

で、私が実際やったのは、ご飯中心の食生活を小麦中心の食生活に変える。これだけ。具体的にはご飯を止めてパン、パスタなど「グルテン」を多く含む強力粉中心の食事に切り替えた。

これを2か月続けたら、案の定と言うか、予想通りと言うか、左の脇腹辺りの皮膚がカサカサしてきた。で、お腹も膨満感+昼食後の睡魔が半端なくなってきた。

「なるほど・・・」「グルテンと添加物〇〇〇と・・・」

「もう十分やろ」

リーキーガット、と言うか呼び方なんてどうでもいいし、誰が認めようが認めまいが、そんなこともまたどーでもよいのだが、とにかくアトピーは皮膚の病気ではないし、「胃腸を健全化」を最優先に進めば、治るのが当たり前の疾患であることは、もう私自身の中ではとっくにケリがついている。

生々流転。時は流れ、時代は変わる。

それは、「時には大きな変化を余儀なくされる」という意味でもあるだろう。

しかし、私は思うのだ。

変えなくてもいいことを、敢えて変える必要もないだろう。
変える必要がないから変えないだけ。

「胃腸の健全化」 

私が、この言葉を使い始めてから今年で21年目。

アトピーは皮膚の病気ではない。アトピーは胃腸の働きを健全化することで治せる。このことは理論や理屈ではなく、元重症のアトピー患者である私自身が文字通り自らの身体を使って得た「体験」なのだ。

しかし、しかし・・・である。

「もうホンマに十分やろ・・・」

アトピーの治し方を検証するような「体験」は、これがもう最後やな・・・。

これからは、釣りとか料理なんかの経験数をもっと増やそう・・・。


クスリに付いて思うコト

f:id:asuka-atopi:20210307161116j:plain

こんなところに


職場の雰囲気が怪しくなってきた。

「怪しい」と言っても、事件性のある話ではなく健康に関する話なのだが、最近、体調を崩す人が自分の周囲でも目立ってきた。

尿道結石とか糖尿病とか病名がハッキリしている人がいる一方、検査しても原因が分からず全身的な倦怠感やふらつき、動悸、頭痛などを訴える人もいる。

「眠れない・・・」

2年先輩の男性が昼食時、そう呟いたのは約1か月前。

その先輩が先週、医師から処方された「睡眠導入剤」を「睡眠薬」に切り替えたらしい。

睡眠導入剤」と「睡眠薬

その違いを自分はよく知らない。そしてそれが医師の指示なら私がどーこーの言う話でもないのだが、彼の様子が明らかに今までとは違う。で、その様子の違いをひとつひとつ列挙するつもりはないが、注意力・集中力が低下しているのは一目瞭然だ。

このような現実に直面した時、いつも考えさせられることがある。

それは、「クスリ」というものの存在意義だ。

ちなみに私自身、クスリのお世話になるケースは多いタイプである。

「少し熱っぽいかな?」

そう感じた時は直ぐに飲めるよう「葛根湯」は常に鞄の中に入れてあるし、油ぽい食事の後、胃の調子が悪い時にはすかさず「太田胃散」。

で、熱っぽい時は休息を心掛け無理はしない。で、その日はとっとと寝る。胃の調子が悪くなれば、少なくとも2.3日は食事の量を減らす。

と言う具合に、なにか初期症状が出た時には少し用心することにしている。

で、こんな感じで使っている限り、クスリは本当に重宝な存在だと感じる。

ところがところが、だ。

アトピーの時、私のクスリの使い方はこんな風ではなかった。

「かゆい!」

と感じたら、ステロイドを塗る。

これでエブリシングOK! ザッツオール!

「そんなワケないやん…」

と、今なら思うのだが、当時の私はまだ10代。若すぎた・・・。で、これが「地獄の始まり」と言う話は今回さておき、話題をクスリに戻そう。

クスリって・・・

別にそれを使用すること自体は問題ない。と私は思う。

ステロイドは悪魔の薬!」と叫ばれたのはもうひと昔前の話。ステロイドだろうが、血圧を下げるクスリだろうが基本は同じと思うのだが、大切なのはそのクスリで症状を好転させている間に、根本的な治療に着手することではなかろうか?

血圧が高い。

これは今既に起こっている現実で、この現実に対処するためにクスリは有効だろうが、クスリは高血圧そのものを治している訳では全くない。

なので、クスリで症状を改善させている時間を活用しながら、自分は根本的な治療に着手しなくてはいけないのだ。(時間を稼いでくれるクスリに感謝しながら・・・)

これがクスリの役割であり、同時に限界とも思うのだ。

ステロイドを忌み嫌い、ステロイドを製造している製薬メーカーを爆破したいと考えた当時の私自身の懺悔の意味を込めて。

身体も心も変わるのが人間

f:id:asuka-atopi:20210228133117j:plain

そろそろ梅も終わり


春はもう、そこまで来ている。

愛犬と散歩していると、そんな季節の移り変わりを五感で感じる。と同時に、季節と同様、人も皆、「移り変わるもの」と言う現実に気付く。

人間、身体も心も、同じ位置でじっとしているなんてことは全くない。


自分自身、それまでの考え方や生き方を大きく変えた出来事と言えば、それはやはりアトピーだろう。極端な言い方をすれば、私の性格や考え方はアトピーが治ったタイミングを境にして180度急転回している。

で、実際、このことは私だけでなく、親戚の者が皆が認めている事実でもある。

元々、私は落ち着きの無い性格で極端な飽き性だ。

習字、そろばん等の習い事は3か月持たず。あれほど夢中だった野球や空手、ギター、投げ釣りでさえ途中で投げ出した。

で、この続けることができない性格は、アトピー治療の時も大いに発揮された。

漢方薬、健康食品、体操、ヨガ等々・・・。

今となっては逆に「続けなくて良かった」と思うものもあるが、とにかく私の「飽き性」と言うか「続けることが苦手」な性格は、アトピーを治した時点を境に急転回することになる。

例を挙げると、このブログ。

HPの作成から始まりメルマガ配信、ブログ、SNSと形は変化しても、アトピー読者との交流や情報交換はもう20年以上続いている。

これは、20代の自分からは想像もできない快挙?かもしれない。

もうひとつ。

元々、私はどちらかと言うと完璧主義者と言うか、とにかく筋の通らない話が嫌いで、またそういうタイプの人も好きではなかった。

ところが今は違う。

この点はアトピーを治したやり方がモロに影響しているのだが、今の自分は自他共に認める65点主義者である。

65点主義の特徴をまとめると以下のようになる。

  1. 瞬発風速的な努力・頑張り方をしない。
  2. 極端に「好き」「嫌い」の区別をつけない。
  3. 極端に「良い」「悪い」の区別もつけない。


で、アトピーの治し方、つまりその方法がほぼ出尽くしてしまった感のある今日、この65点主義が完治への大きな突破口になると思う。

梅の花が終わりを迎える頃になれば、次は桜の花が咲く。

そこには

「好き」とか「嫌い」はない。
「良い」とか「悪い」もない。
「必死の頑張り」なんてもっとない。

あるのは、自然の理だけ。

アトピーだって、この自然の理に従っておけばまず治る。

「お腹が減ったら食べる」
「お腹が減っていないなら食べない」

なんとシンプルな!これがアトピー治療!?

が、実際、たったこれだけで、扉は開く。

そして、

奇跡は奇跡でなくなる。

最初から、難しい話なんてなーんもないのだ。

アフターアトピー

f:id:asuka-atopi:20210221170333j:plain

散歩道に梅


アトピーが治ったからと言って、その後の人生が順風満帆なんてあり得ない。

               By 飛鳥 旬



経験のある方ならきっと共感頂けると思うが、アトピーなんてものは一旦治ってしまえば、ひと月後にはもう「そんなことあったっけ?」の世界だ。

私達の毎日は忙しい。

そして解決すべき問題が次から次へとやってくる。だからアトピーだった過去を振り返っている暇は無い。

私の場合もそうだった。いや、私だけではない。当然、周囲も私が今までアトピーの人だった事実を離れて、アトピーではない普通の人として接するようになる。

対外的に観れば、このことは嬉しかった。

そして私の場合、アトピーが消えてから対人関係に於いては大きな変化が生じた。

アトピーだった時、私は「相手のことをキチンと観て」「相手の言葉をキチンと聞く」ことが出来なかった。と言うか、相手の目を直視することさえできなかった。

で、頭の中にあるのは常に「自分はどう見られているか?」とか「自分はどう振舞えばいいのか?」と言った、自分が良く見られるための意識だった。

要するに、意識が常に「自分」に向かっていたのだ。

「面白い会話のデキる人」
「オシャレでセンスのある人」
「何でも知ってて知識のある人」

多分、ベースにはこんな理想があったのかもしれない。

ところがアトピーが治った後、私はどうしたことか「聞く側」の人&「見る側」の人に変身していた。

理由は今でもよくわからない。

意図的にそうしようと試みた訳でもないのだが、人と話をする時、相手のことをキチンと観ながら相手の言葉をキチンと聞いている人が少数であることに気付いた。

実際、普段の会話で相手の話を「聞く」ことや、相手のことを「理解すること」の重要性が問われることはまずない。

そんなことをしても「得」は無いから、「何でも知っているオシャレで面白い会話のデキる自分」を目指そうとするのも分からない話ではない。

しかし、この目指した自分の先にあるのは何だろう?

正直、私にはわからない。

しかし、私が今、自分の経験上ハッキリと断言できることがある。

それは、周囲から「自分はどう見られているか?」とか「自分はどう振舞えばいいのか?」みたいなことを気にするのではなく、身近な相手に少しでも関心を持ち、理解しようとすることだ。

何故こんなことを書くのか?

それは、この思考&行為が直接アトピーに効くからだ。で、これは世間一般によくある「アトピーに効く〇〇〇!」的なモノより遥かに持続力もあるのだが、まだ多くの方々はこの事実に気付いていない。

私自身、エラそうなことを書きながら、この事実を知ったのはアトピーを治した後、読者の皆さんとのブログを通じてだ。

ひと昔前なら「そんな精神論でアトピーが治る訳ねーだろ!」の非難コメントがきそうな感じがする。

でも、もういいのだ。着たら着たで。

人間には身体と心があって、その両面からアプローチする方がアトピーは確実に治しやすいのだから。

 

何もかもひっくるめての人生

f:id:asuka-atopi:20210214204115j:plain

春はもうすぐ

福島県を中心にまた大きな地震があった。

「また東北か!」

そう思いながら、ふと十年前の記憶がよみがえった。

十年と言えば、やっと復旧の目途が立った頃ではなかったか?いや、詳しいことは分からないが、まだまだ復旧の目途さえ立っていない地区も多いと聞く。

いずれにせよ、このまま地震が沈静化することを願うばかりだ。


「それにしても・・・」と思う。

地震、台風などの天変地異からウイルスによる世界的な感染症の流布まで、今まで経験したことのない規模の出来事が次々と起こるのは何故だろう?

当然、答えなんて出る筈もないのだが、私はこんな風に思うことにした。

「それが自然現象なのだ」「それが人生なのだ」と。

天変地異があるからこそ、何気ない普段の生活が愛おしく感じられる。
ウイルスが蔓延するからこそ、平和で健康な日々の大切さが身に染みる。

そして、死があるからこそ、生きている時間の尊さも実感できる。

アトピーだった頃、私はいわゆる「自分探しの旅」に出で、「生きる意味」を模索したいと思ったことがある。

アトピーの自分にホトホト嫌気が差していた二十歳過ぎの頃だった。で、それは結局実現しなかったが、それで良かったと今なら思う。

それは、旅に出たみたところで「自分」なんて見つからないし、まして「生きる意味」なんて絶対にわかる筈がないからだ。

もし本当に「生きる意味」を知りたいなら、それは「死」と真剣に対峙するしかないし、そのことは生きたまま「今の場所」でも可能だと今なら思うからだ。

それはさておき、

「良い」とか「悪い」とか、また「好き」とか「嫌い」とか、そう言うことはある意味仕方ないけれど、これが極端になると、たちまちしんどくなるのは何故だ?

「良い」も「悪い」も「好き」も「嫌い」も、大局的に見れば、どちらでもいいケースは意外と多いことに後になって気付く。

だったらなにも、自分からしんどくなることもないだろう。

自分は、良いも悪いも、好きも嫌いも、両方ひっくるめての人生を進もう。