アトピー完治への道 飛鳥旬のブログ

アトピーは治してナンボ

何もかもひっくるめての人生

f:id:asuka-atopi:20210214204115j:plain

春はもうすぐ

福島県を中心にまた大きな地震があった。

「また東北か!」

そう思いながら、ふと十年前の記憶がよみがえった。

十年と言えば、やっと復旧の目途が立った頃ではなかったか?いや、詳しいことは分からないが、まだまだ復旧の目途さえ立っていない地区も多いと聞く。

いずれにせよ、このまま地震が沈静化することを願うばかりだ。


「それにしても・・・」と思う。

地震、台風などの天変地異からウイルスによる世界的な感染症の流布まで、今まで経験したことのない規模の出来事が次々と起こるのは何故だろう?

当然、答えなんて出る筈もないのだが、私はこんな風に思うことにした。

「それが自然現象なのだ」「それが人生なのだ」と。

天変地異があるからこそ、何気ない普段の生活が愛おしく感じられる。
ウイルスが蔓延するからこそ、平和で健康な日々の大切さが身に染みる。

そして、死があるからこそ、生きている時間の尊さも実感できる。

アトピーだった頃、私はいわゆる「自分探しの旅」に出で、「生きる意味」を模索したいと思ったことがある。

アトピーの自分にホトホト嫌気が差していた二十歳過ぎの頃だった。で、それは結局実現しなかったが、それで良かったと今なら思う。

それは、旅に出たみたところで「自分」なんて見つからないし、まして「生きる意味」なんて絶対にわかる筈がないからだ。

もし本当に「生きる意味」を知りたいなら、それは「死」と真剣に対峙するしかないし、そのことは生きたまま「今の場所」でも可能だと今なら思うからだ。

それはさておき、

「良い」とか「悪い」とか、また「好き」とか「嫌い」とか、そう言うことはある意味仕方ないけれど、これが極端になると、たちまちしんどくなるのは何故だ?

「良い」も「悪い」も「好き」も「嫌い」も、大局的に見れば、どちらでもいいケースは意外と多いことに後になって気付く。

だったらなにも、自分からしんどくなることもないだろう。

自分は、良いも悪いも、好きも嫌いも、両方ひっくるめての人生を進もう。

今更ながら

f:id:asuka-atopi:20210207195230j:plain

竹林に一本だけ白梅を発見


「今更ながら・・・」ではあるが、身体と言うのはやはり「こころ」と密接に関係している。そんなことを痛感する今日この頃である。

この現実を最初に実感したのは、アトピーが完治した直後だったと思う。

いや、それまでも薄々感じてはいたのだが、アトピーと言う病(やまい)の渦中だと、「まあ、こんなものか・・・」と思う部分も多々あった。

心配、不安、恐怖心、不信感、その他諸々。

生きている以上、これらの感情は好むと好まざるとに関わらず勝手に湧いてくる。


今まで多くの方からアトピーの相談を受けてきたが、振り返るとその解決策としては、身体的な面より精神的な面に関連するケースの方が多かったように思う。

例えば、こんな感じ。

アトピーと言う病気を治す場合、基本的な治療となるのは排泄機能を高めること。つまり「食べたものを滞りなく出す」体質に移行することで、難しい話ではない。

で、具体的には「少食」。
そして「胃腸の健全化」となる。

で、実際、便通が良くなればそれだけで炎症が消えるので、これは分かりやすい。

ところが、

対策、つまり治療法はこんなに簡単で単純なのに、実際はそんなにうまくゆかない。

なぜなら、人間には「こころ」があるからだ。

「こころ」「心」「精神」。

過去20年の間、自分がひたすら取組んできたのは結局、ここだったようだ。多分、自分がアトピーじゃなかったら、全く関与しない世界だったかもしれない。

 

禅僧、カトリックのシスター、哲学者カントの純粋理性批判

若い頃、これらは自分には全く理解できない世界。まるでチンプンカンプン。
「何なのこの人たちは?」「何が楽しい?」「オレには分からん」

それが、この歳になって見える世界も大きく変わった。それはじっと座って、ただ自分と向き合う時間の中でのみ「こころ」のあり方に触れられるから、かもしれない。

そして、このことはずっとアトピーと関わり続け、読者の方々と一緒に考えてきた流れの延長線上にあるもので、きっと自分の財産なのだ。

コロナ禍の今、いつも何かに急き立てられるような日常から少しだけ距離を置いて、静かに自分と向き合う時間。大事にしたいと思う。

 

 

2021年からのアトピーの治し方

f:id:asuka-atopi:20210131212555j:plain

一年前に行った石垣島マングローブ


年が明けてから、早くもひと月。

仕事をしても遊んでも、コロナがあっても無くても、時はまるで「そんなことは知らないよー」と言わんばかりに流れていく。

自分自身、かって重症のアトピー患者だった過去がまるで嘘のようだ。


33歳の時、アトピーが完治した。

それまで散々苦しめられたアトピーだ。その苦しみから解放されたのだから、もっと素直に喜べばいいようなものなのだが、当時の私の心境は必ずしもそうではなかった。

確かに、嬉しいのは嬉しい。

それまで決して着ることのできなかった半袖のTシャツに袖を通した時の感動は今でも憶えているし、とにかく人から顔をジロジロ見られないで済むことが嬉しかった。

その一方、何か割り切れない気持ちがくすぶっていた。

それは、世間では「そんなの常識でしょ?」と思われていることに対する猜疑心だったに違いない。事実、私は当時の常識的なアトピー治療では治っていない。

私がアトピーだった時代、アトピーと消化管の関係に付いて触れている医療機関など皆無で、「成人型アトピーに食事は全く関係ない!」と忠告されたことも一度や二度ではなかった。

で、なにをやってもダメだった訳だが、結局、「胃腸の健全化」に取り組むことで私のアトピーはキレイに消えた。

毎朝、心地よい便が出て、何を食べても‘「美味しい!」と言える食べ方をして、夜は熟睡できるようになった時、アトピーは見事に消えていた。

この頃はもう「アトピーを治したい!」と言う気持ち以上に、「快食」「快便」「快眠」の自分を目指す気持ちの方が強くなっていたように思う。

あれから時が流れた。

自分のアトピーが治ってから、本当に多くの方々と20年間にわたってアトピーの治し方について語り合ってきた。そんな私が今改めて思うのは、やはりアトピーを治すのに難しい理屈やお金は要らない。と言うことだ。

で、とにかく「太くて長い一本の立派な便」を出すことに専念。

もう、これだけに全て注力すればよいのではないかと思う。逆の見方をすれば、便秘や下痢のままアトピーを根本から治すなんて到底無理なのだ。

「何をどれだけ食べたらよいのか?」
「水分はどれだけ摂取すればよいのか?」

それは、人によって個人がある。
しかし個人差があるが故に、確かな便りとなるのはやはり「大便」なのだ。

誰もが安全かつ確実にアトピーを治せる方法があるとするなら、それは「大便」を常に意識して「胃腸の健全化」を目指すやり方だと思う。

「胃腸の健全化」

これは、消化器系がすべての器官の土台である以上、アトピーを治すうえでは避けては通れない訳で、言わばアトピーを治すための「急所」なのだ。

事実、胃腸の働きがよくなり排泄が活発化すると皮膚の炎症が消えるだけでなく、鼻が通って鼻炎も消える。で、頭までスッキリするので夜はよく眠れようになる。

アトピーを治すのに「あーでもない」「こーでもない」と悩んでいるなら、とにかく今年は便通を良くすることに専念してみてはどうだろう。



 

モチベーションの話

f:id:asuka-atopi:20210124173053j:plain

十津川村の武蔵地区


 今回は、皆さんからよく頂くご相談のひとつを紹介します。

 

「治そう!」と思う気持ちはあるのですが、実際にやろうとするとモチベーションが維持できず、ついつい今までの習慣に流されてしまいます。 


多少の違いはあるものの、だいたいこんな感じの相談が多いです。

で、このモチベーションに関しては大抵は食事、なかでも少食と向き合う際に苦戦される方が多いようです。

コレは私自身、体感的にもよく分かります。事実、私自身もこれでかなり苦戦&苦労しましたから。

要するに「食べたいのに食べちゃいけない」。この葛藤ですね。で、

  1. 食欲
  2. 性欲
  3. 睡眠欲

この3つは根源的な部分で人間の生存に関わっているので、なかなか一筋縄ではいかないなー。というのが私の正直な感想です。

でもハッキリしているのは、これをモチベーションだけで乗り切ろうとしても、それは最初から負けることが分かっている戦になる。ということですね。

だって、モチベーションなんてものは初めから上昇&下降を繰り返す性質のものだから、常に上昇させておくなんてことはできない訳で・・・

そんな不安定なものを頼りにするより、私ならとっとと逃げます。

言葉を変えると、「逃げる」と言うのは「戦わない」という意味で、最初から相手の土俵には上がらないと言うか、戦いの場を変えると言うか、そんな感じ。

実際にやってみるとよくわかりますが、食欲なんて相手とまともに正面から戦ったら、大抵の人は勝てない。と私は思います。

ボクサーとか映画俳優等が短期的にやる減量は可能でも、一般人がやるダイエットが難しい例を見てもそれは明らかでしょう。

で、「逃げる」を具体的に説明すると、それは食欲以外のこと【モノ】に気持ちを移行して少しでも時間を稼ぐことです。

これは今でも私がよくやる方法なのですが、例えばなにかの対象に心が執着していることに気付いたら、その瞬間、全く違うこと(モノ)に意識を移行する。

全く違うこと(モノ)の具体的例としては、YouTubeを観ることもあれば、ただ呼吸に集中するだけのこともあります。で、時間を稼ぐ。

すると、この稼いだ時間のおかげでステージと言うか、環境が変化している。

コレ、少し難しい表現を使うと「見る側」と「見られる側」の話になるのですが、これが常に同じなんてことはあり得ないので、結構、有効だったりします。

で、もっと平たく言うと、何かを食べたらそれで一巻の終わりなんてことは無いわけで、「アトピーが治るまでの間、好きなお菓子や甘いものは控えましょうね。」と言うだけの話。

で、良いのか悪いのか、それは一概には言えませんが、この辺の経験が後の私の人格形成にかなりの影響を与えていることは事実です。

例えば、「必死のパッチ」と言う阪神タイガースの藤波投手がよく使う関西弁がありますが、同じ関西人でも私にはこの言葉を全く使いません。

それは、私自身が「必死」も「パッチ」も持っていないから。

パッチのことはさておき、今までの人生で何かに「必死」で取り組んだ場合と「普通」に取り組んだ場合で大きな違いを感じたことなんてそんなに無いですもん。

逆に「必死」になって対象との距離感が近くなり過ぎる弊害の方が多いように感じます。

今回は、取り留めもない話になりました。

お互いコロナの感染には注意しましょう。

 

取引なし。ただやる。

f:id:asuka-atopi:20210117202250j:plain

信貴山毘沙門天

皆様 今年もよろしくお願いします。


コロナ禍の環境下、出歩くことが少なくなった。で、何をしているかと言うと、
本を読んでいるか、座禅しているか、このどちらかであることが多い。

そんな生活環境にも、もう随分と慣れてしまった気がする。


今日は、HP読者の方(30歳の独身男性)と電話で話をした。

アトピーに関するご質問やアドバイスは、もうかれこれ20年以上続けているが、
自分自身が男であるせいか、どちらかというと、女性よりも男性の抱えている悩み、苦しみの方がピン!とくる。

若い男性読者の方と話をしていると、不思議と過去の自分の姿と重なり合って
困ることがある。何が困るかと言えば、それは今、話をしている相手と自分との
垣根が無くなる感覚に陥ることで、これではアドバイスはできない。

そんなに頻繁ではないが、こうゆうことは現実としておこる。

さて、アトピーのアドバイスと言えば本日も話したことなのだが、私は最近、
こんな努力なら、しない方がマシだと感じることが多い。

それは、

「自分は今、本当はこんなことしたくはなけれど、アトピーを治したいから
無理して頑張っている。」というもの。

要するに、取引みたいなものだ。

大半の学生は大学受験に合格するために数学を勉強する。でもそれは数学を
学びたいから学ぶのではなく、たまたま受験の必須科目だから学ぶのだ。
このような接し方で数学と向き合っている限り、数学の本質的な面白さに巡り
会う可能性は低いだろう。

誤解されると困るのだが、私はこれが悪いと言いたい訳ではない。と言うか、
世の中の大半はこの世界観で動いていて、疑う余地さえない。

ところが私達にはもう一つ別の世界観があって、それは取引無し、損得勘定
無しで、素敵なものを素敵だと感じ、美しいものを美しいと感じることだ。

アトピーを治す場合、私はこちらの世界観で時間を過ごす方が、取り引き的
な世界観で生きるよりも良いような気がする。

「どのくらいの期間頑張ればアトピーは完治できますか?」

私は、今でもこのようなご質問を受けることが多くて困るのだが、まあそう思う
気持ちも分かるし、大半のアトピーはおおよそ半年程度まじめに「胃腸の健全化」
を続ければ先も見えてくるのでそのように答えることにしているのだが、取引なし。ただただやる。

こちらの方が結果的には早い気がする。


アトピーからの解放とは

f:id:asuka-atopi:20201220174519j:plain冬の日の束の間の晴れ

生きている限り、誰もが否応なしに遭遇する悩み、苦しみ。

今となっては遠い昔の出来事のような感じさえするのだが、十代半ばから三十代前半まで、私は、いつも自分がアトピーであるが故の「悩み」と「苦しみ」と共にいた。

だが、こんな風に書いても、今、ピンと来る人は少ないのかもしれない。

何故なら、今は芸能人を始めお笑い芸人から格闘家など、アスリートの世界でもアトピーの人達は必ずしも特殊な存在ではなくなってしまったからだ。

アトピー人口が増えた。この事実に対して元重症アトピー患者の私が感じるのは以下の2点である。

まずはアトピー人口が増えることで、自分だけ特別視される機会は減るだろう。と言うのも、有名人を含む多くの人がアトピーなら、少なくともアトピーがコロナのような訳のわからないウイルス性の感染症でないことは皆よく知っているからだ。

このことから、症状が顔に出ていないケースや症状がそれほど重症化していなければ、進学や就職、結婚と言った人生の節目で致命傷を負う可能性も低くなる気がする。

一方、このような一般化した中でのアトピーに対して「マズい」と思うことも当然あって、それは患者自身が周囲を見て「ま、こんなもんでしょ・・」と感じることだ。

私は、人の生き方に関してアレコレ口をはさむつもりはないのだが、他の事はさておき、アトピーだけは治せるチャンスがある時にしっかり治しておいた方が良いと思っている。

「悩み」・「苦しみ」言っても、その中には時間の経過と共に薄れたり、消えてしまうものがあるのは事実で、実際、「日にち薬」の言葉の通り、外傷や怪我など身体的なものから失恋など精神的なものまで、時間が経てば大抵は薄れるか消えてしまう。

ところが、私の知る限りアトピーとはそのような類の疾患ではない。要するに、時の流れに身を任せるだけで状況が好転する可能性は極めて低い。

逆の見方をすると、ひとつひとつのピースを根気よく置くべき場所に置いてゆけば必ず完成するジグソーパズルのように、それは最初から必ず治るようになっている。

私は、アトピーとはそんな類の疾患だと思う。

だから「一生お付き合いする」とか「これも人生の一部」とかではなく、完全にアトピーとは縁を切る。こちらの方が断然良いと思うのだ。

で、これは特に自分のような若い年代でアトピーと診断された人への思いだが、アトピーで悩んだり苦しんだりするくらいなら、もっと他のことで悩んだり苦しんだりした方がマシだ。と思う。

仕事でも恋愛でも、とにかくアトピー以外のことで悩んだり苦しんだりしたことは後々、何らかの形で人生の肥しになるだろう。だが、アトピーは治さない限り、いや、治してこそ、その経験が生きる。逆にアトピーのままなら、それは単にアトピーのままの人生を生きるだけに終わってしまう気がする。



古い身体から新しい身体へ

f:id:asuka-atopi:20201213182131j:plain

十津川の滝


行く川の流れは絶えずして、しかも元の水に非ず。

方丈記を書いた鴨長明によれば、淀みに浮かぶ泡沫は消えたり集まったりで、止まることはないらしい。諸行無常。つまり変化が無いように見えても、常に同じ状態ではない。いや、常に同じ状態のものなんて一切ない。と言う訳だ。

「なるほど・・・」と思う。

このことは理屈より、人生を重ねるごとで鮮明になるようだ。事実、私自身、アトピーだった頃の身体と今の身体を比較すると全く違うことに気付く。それは「痒みが消えた」レベルの話ではなく全く「別物」。まるで身体を構成している60兆個の細胞が全部入れ替わったかのようだ。

これは、奇跡でも何でもない。

十字架の上で殺されたイエス様が3日後に復活するような話ではなく、今、ごくごく普通に起こっている現実で、事実、今、まさにこの瞬間にも起こっている変化と思える。


「モノが栄えて心が滅ぶ。」

確か、禅僧の言葉だったと思うが、世の中が豊かになってモノが進化する一方、人はラクな方へラクな方へ気持ちが傾くものなのかもしれない。

「棚からぼた餅」が大好きな自分にとっては耳の痛い言葉だが、確かに、そういう一面が人間にはあって、「アトピーを治す」と言う点でもこの「ラクな方へ」がマイナスに作用している気もする。

ただ一つだけハッキリしていることがあって、それはアトピーと言う病気が頑張れば頑張った分だけ治癒率も上がる点で、この点だけはすこぶるフェアな疾患だとも思う。

私のように身動きが取れないほど重症化した場合以外なら、長期休暇を取ってわざわざ入院しなくても、日々の生活習慣を見直す中で「当たり前のことを当たり前にキチン」と継続することで確実に完治まで到達できる疾患とも言える。

焦らない。イライラしない。怒らない。

このことを念頭に、やるべきことを淡々とやる。良いことにも悪いことにも粛々と対応してゆくことが大事で、逆に何かに怯えたようなビクビクした心が起きたら、たちまちアトピーの餌食になってしまう。

アトピーと言う病気はじっと観察されるのが嫌らしく、逆にオドオドした患者をイジメるのが大好きらしい。だからこの病気と向き合う時は常に自分が観察する側に回り、アトピーに自分を観察させる隙を与えない。この戦法で戦うのが一番効果的だろう。

諸行無常、生々流転。

アトピー性皮膚炎は遺伝」「遺伝を治せない以上アトピーは治せない」。そんな風に言われていた時代は終わった。それはもう過去の話となった。

何か特別な治療をしないと治らないようなイメージも全部虚構。

アトピーを治すための特別な治療やモノなんて最初から無かったのだ。そんなものは全然必要ない。その代わり、本当に必要なのは患者自身の「自分で治す」と言う意志だけ。

アトピーとの戦いは、自分自身との戦いなのだろう。