アトピー完治への道 飛鳥旬のブログ

アトピーは治してナンボ

取引なし。ただやる。

f:id:asuka-atopi:20210117202250j:plain

信貴山毘沙門天

皆様 今年もよろしくお願いします。


コロナ禍の環境下、出歩くことが少なくなった。で、何をしているかと言うと、
本を読んでいるか、座禅しているか、このどちらかであることが多い。

そんな生活環境にも、もう随分と慣れてしまった気がする。


今日は、HP読者の方(30歳の独身男性)と電話で話をした。

アトピーに関するご質問やアドバイスは、もうかれこれ20年以上続けているが、
自分自身が男であるせいか、どちらかというと、女性よりも男性の抱えている悩み、苦しみの方がピン!とくる。

若い男性読者の方と話をしていると、不思議と過去の自分の姿と重なり合って
困ることがある。何が困るかと言えば、それは今、話をしている相手と自分との
垣根が無くなる感覚に陥ることで、これではアドバイスはできない。

そんなに頻繁ではないが、こうゆうことは現実としておこる。

さて、アトピーのアドバイスと言えば本日も話したことなのだが、私は最近、
こんな努力なら、しない方がマシだと感じることが多い。

それは、

「自分は今、本当はこんなことしたくはなけれど、アトピーを治したいから
無理して頑張っている。」というもの。

要するに、取引みたいなものだ。

大半の学生は大学受験に合格するために数学を勉強する。でもそれは数学を
学びたいから学ぶのではなく、たまたま受験の必須科目だから学ぶのだ。
このような接し方で数学と向き合っている限り、数学の本質的な面白さに巡り
会う可能性は低いだろう。

誤解されると困るのだが、私はこれが悪いと言いたい訳ではない。と言うか、
世の中の大半はこの世界観で動いていて、疑う余地さえない。

ところが私達にはもう一つ別の世界観があって、それは取引無し、損得勘定
無しで、素敵なものを素敵だと感じ、美しいものを美しいと感じることだ。

アトピーを治す場合、私はこちらの世界観で時間を過ごす方が、取り引き的
な世界観で生きるよりも良いような気がする。

「どのくらいの期間頑張ればアトピーは完治できますか?」

私は、今でもこのようなご質問を受けることが多くて困るのだが、まあそう思う
気持ちも分かるし、大半のアトピーはおおよそ半年程度まじめに「胃腸の健全化」
を続ければ先も見えてくるのでそのように答えることにしているのだが、取引なし。ただただやる。

こちらの方が結果的には早い気がする。