アトピー完治への道 飛鳥旬のブログ

アトピーは治してナンボ

間違いだらけのアトピー常識 その1

f:id:asuka-atopi:20191208170526j:plain

散歩コース

人生には、自分が本当に経験してみることで初めて「分かる」ことがすごく多い。今まで想像していたこと、頭の中だけで考えていたことを直接経験することによって、真実がそれまで抱いていた世界とは全く別モノであることに愕然とする。アトピーを治してみて思うこと。それは「なった経験がないから当然そうなるね。」と思うことの多さだ。経験していないこと、未体験が全て無駄と言うつもりはないが、自分が直接体験していないことに対する警戒心の強い性格は、アトピーを治す過程で形成された気がする。

 

アトピーは掻くと治らない」。私がアトピーだった時代、これはどの医療機関へ行ってもほぼお決まりのアドバイスだった。いやアドバイスと言うよりは、むしろこれが唯一の治療法であるかのような力のあるメッセージで、それはむしろ「忠告」に近かった。「掻くと治らない」いや「掻くから治らない」。この言葉を真剣に受け止めた当時高校生の私は、とにかく「掻かない」ことでアトピーを治そうと本気で取組んだ。タオルで手首を縛り、就寝中も手が勝手に動かないように固定した。

 

ところが、実際、アトピーを治してみると分かるが、真実は逆なのだ。「掻く」とか「掻かない」とは無関係に、アトピーは治る時は治るし治らない時は治らない。ましてや「アトピー患者は本当は痒くないのに掻くことが習慣になっている。」(嗜癖的掻破行動)などと言われた日にゃ「それは全然違うやろ」と言いたくなる。私は、皮膚は痒いから掻くのであって、痒くなければ誰も掻かないのが普通だと思う。(痒くも無いのに掻いていたら、それはちょっとアレやろ・・)

 

それからもうひとつ。アトピーは「遺伝だから治らない」と言う「忠告?」があって、これで当時の私はかなり(いや滅茶苦茶)苦しんだ。その理由は当時、私の父も祖父も同時に皮膚病を患っていたからだ。つまり、私は子供の頃から父&おじいさんが体に軟膏を塗るのを見て育ったのだ。だから医者から「遺伝」と言われると何かを言い返す気力も無く、ただただ落ち込むしかなかったのだ。

 

では現在、私&私の子供達はどうなのか?と言えば、アトピーとは全く無縁の生活を送っていて(ちなみに私の祖母、母、妻は皆、アトピーとは無縁)、私はアトピーは遺伝的な要因があったとしても、全然普通に治せると確信している。だから自分の子供がアトピーを発症しても、そのことに対して両親は自責の念に苛まれる必要は無い。と言いたい。そしてそんなことを考える時間があるなら、その分を「治す」エネルギーに転化して欲しいと思う。

 

そんなことを考えていると、やはり何事も「人任せではいけないなー」と思う。いや、厳密に言えば、任せる所は任せて、自分でやるべき所は自分がちゃんとやる。これが大事なんだろうと思う。