アトピー完治への道 飛鳥旬のブログ

アトピーは治してナンボ

アトピーは死ぬ病気ではない。に思うこと

f:id:asuka-atopi:20191130120324j:plain

散歩道

 

一般的な常識を鵜呑みにしていると、実は思わぬ所で痛い目に遇うケースがアトピーには多い。例えばアトピーは死なない病気だと一般的には思われている。事実、医学的にも「アトピー性皮膚炎は死に至る病気ではない。」とされていて、実際、アトピーが直接的な原因で死に至ったケースはない。ところがこの話には裏があって、それはあくまで「直接的」と言う部分に限定されている点を見逃してはいけない。

見方を変えれば、アトピーが引金となって「間接的」に死に至ったケースなら枚挙にいとまがないだろう。例えば体の面から言えば、掻き壊した皮膚から黄色ブドウ球菌が侵入、心臓の弁膜に付着したまま気が付かずに命を落としたケースがある一方、精神的な面ではアトピーによる対人恐怖症から引きこもりへ、そして情緒不安定な状態が長年続いた揚句、自ら命を絶つケースもある。だから「アトピーは死なない病気」なんて言葉は無視して、とにかく治すことに専念した方がよい。

それから、もうひとつ厄介なことがある。それはアトピーが「死なない病気」であるが故に、いろんな人がいろんなことを無責任に言うことだ。一昔前の例を挙げれば、ステロイド外用薬に長期間依存していた患者だけでなく、内服をしている患者に対しても「即ステロイド断ち」を奨める人達がいたのだが、これは危険極まりない行為だ。私自身、この話を信じたために、大切なものを失ってしまった経験がある。

だから私は思う。「アトピーは一歩間違えば死に至る病気」だと。常にそういう可能性は確実に秘めている。のだと。百歩譲って死なないとしても、人生を滅茶苦茶にされてしまう可能性は否定できない。だからアトピーは「治してナンボ」なのだ。案ずることはない。そんな危険なリスクを背負わなくても、アトピーは自分で治せるのだから。学校に通いながら、会社に勤めながら、日々コツコツと地道な努力を積み上げるだけだ。と言うか、アトピーを治すにはこれ以外の方法は無いと思う。いや、アトピーだけではないだろう。

元メジャーリーガーのイチロー曰く「夢や目標を達成するにはひとつしか方法はない。小さなことを積み重ねること。小さなことを積み重ねることが、とんでもないところへ行くただひとつの道。」「特別なことをするために、特別なことをするのではない。普段通りの当たり前のことを繰り返すから特別な結果が出ると思っています。」